睡眠不足解消にはストレッチが効果的

睡眠不足解消にはストレッチが効果的

睡眠不足になると、日常生活全てがだるさに繋がります。特に睡眠不足の日が続くと仕事・プライベート両方の質が低下します。そこで今回は睡眠不足を解消するためのアイデアのひとつとして、ストレッチについて紹介します。

 

ストレッチが睡眠不足に良い理由@
ストレッチを寝る前に行うことにより、身体の固さやゆがみを取り除き、睡眠不足を解消するきっかけになります。特に普段から運動をしていない方は、日常生活によって身体が固くなります。そして、睡眠状態は言わば「身体が固まっている状態」です。日常生活で固まった状態・睡眠時も固まった状態になると身体がゆがみ、それが不快感に繋がるため睡眠を妨げます。したがってストレッチを行うことで、身体が固まった状態をほぐして身体のゆがみを取り、気持ちよく寝ることができます。

 

ストレッチが睡眠不足に良い理由A
ストレッチは、意外にも良い運動になります。ストレッチは身体を伸ばす運動・深呼吸による腹筋の運動になるためです。運動をした後は良く眠れると言いますが、その運動の部分をストレッチが担うため、ストレッチを睡眠前に行うことにより睡眠不足解消に繋がります。

 

睡眠不足に効果的なストレッチ方法
睡眠不足を解消するために効果的なストレッチの方法として、ストレッチは一部分に付き約30秒伸ばすイメージでゆっくり行うと効果的です。人間は身体を伸ばして20秒あたりから効果が出るため、ゆっくり伸ばしていきましょう。また、ストレッチは勢いをつけて行わないようにしましょう。勢いをつけると効果が薄くなるうえに、筋に負担がかかるため、勢いをつけずにゆっくりと伸ばしましょう。

 

また、ストレッチは寝る前に約30分、照明を消した暗い状態で行うと睡眠不足に効果的です。人間は睡眠時間の30分前から暗い状態にすると快眠が出来ると言われています。特に最近は携帯電話を見て明るい状態を保っているため、照明を消してストレッチを30分行い、その後すぐに布団に入ると快眠が出来ます。

 

まとめ
ストレッチを睡眠前に行うことで、身体のゆがみを取り除き、軽い運動をした状態にすることができます。その結果、快眠をしやすい状態にすることが出来ます。この方法は一見すると睡眠時間を減らしているように思えますが、ストレッチを行うことにより睡眠自体の質を上げるため、結果としてストレッチを行ったほうが早く寝付くことが出来ます。特に普段運動を行わない方に効果的であり、簡単に出来て健康にも大変良い方法ですので、ぜひ試してみて下さい。

 

 

TOPページへ


このページの先頭へ戻る