睡眠不足をどう対策するか

睡眠不足をどう対策するか

人間の3大欲求に数えられるほど、睡眠というのは大事です。
誰しも経験はあると思いますが睡眠が十分に取れていないと、頭がうまく働かなかったり、イライラしたり、いつも通りのパフォーマンスを出すことが出来ません。仕事や勉強が忙しいなどで極端に睡眠時間が取れない場合は、睡眠時間の確保が大事になります。

 

適切な睡眠時間というのは人や年齢によって違いはあるようです。成人で考えると大体平均で6~9時間くらいでしょうか。
まずはその時間を確保する事が大事です。眠れなくても目を閉じて横になるだけで、睡眠時の8割くらいは体が休まるという話もあります。ただ、8時間眠れず横になっていても、やはり睡眠不足を感じるので何とか眠れるようにした方が良いです。
しかし、睡眠時間を十分に取れば良いかというと、案外そうではない場合もあります。休みの日などに寝だめをしようといつも以上の時間、例えば10時間など寝たりしても、逆に体がダルくなったりすることもあります。

 

そう考えると、睡眠不足というのは量の問題だけではなく、睡眠の質も改善していかなくてはならないように思います。
横になって眠れないというのと、質の改善というので思いつくのは、運動不足です。
実際、睡眠不足の原因というと時間の確保は当然として、運動不足、ストレス過多、カフェイン・アルコールの摂り過ぎなどは頭に浮かぶと思います。
ストレスを完全に無くすというのは、生きてる限りおそらく不可能だと思うので、まずは出来そうな運動不足の解消から始めるのがいいように思います。

 

激しい運動などは特に必要ないと思うので、ウォーキングなどで構わないです。あと、日を浴びるというのと規則正しい生活というのも大事なので、出来れば朝が良いと思います。
ウォーキングなどが無理でも、今まで車を使っていた所を歩いて行くとか、日常でなにか出来る事を探すのも良いと思います。スポーツを趣味にするとかも良いですし、家でテレビ見ながらストレッチするだけでも多少は改善すると思います。

 

他にも、カフェイン・アルコールを減らすことや、食生活の改善、寝る時の音楽や匂い(アロマなど)、寝具を自分に合ったものにするなど睡眠不足の対策は色々あると思います。気になったらしてみると良いと思います。自分が寝れると思う環境作りというのも大事だと思います。

 

ただあくまで自分が思うのは、運動不足とストレスが大きな原因だと思うので、生活習慣・環境自体を大きく変えた方が治るのではないかというところです。

 

転職したら睡眠不足が治ったとか、嫌な上司と違う部署になって眠れるようになったとか、普通にあると思うので、睡眠不足で体を壊すくらいなら思い切って環境を変えるのもありなのかなと思います。

 

TOPページへ


このページの先頭へ戻る