効果のあった睡眠不足解消方法

効果のあった睡眠不足解消方法

現在私は44歳の男性なのですが、最近まで睡眠不足に悩まされていました。しかし2つの解消方法で解決出来ました。
問題となってたのは2点あり、なかなか寝付けないことと、睡眠の質が悪くて寝ても疲れがとれないことでした。

 

まず寝付けない点ですが、私は深夜2時や3時になってもなかなか寝られないぐらいでした。
この解消法で効果のあったのが、すごく興味の無い、くだらないテレビ番組を見ることです。

 

私の場合huluっていう有料動画配信サービスでこの方法をとったのですが、これは定額料金で観放題っていうシステムなんです。
最初は追加料金かからずに色んな番組が見れるならみなきゃ損だって思って片っ端から色んなのを見まくりました。

 

興味があっても観れなかったもの、観たことあるけど最初から通しでまた観直してみたいもの、こういうのはすぐ観終わってしまいました。
観たいものはほとんど観終わったとはいえ、視聴期間はまだ残ってるので観なきゃ勿体無い、こう考えた私は海外のテレビドラマに手を出しました。
海外ドラマって日本のドラマと違って物凄く長編なんです。
日本のドラマって12話ぐらいで完結してしまいますが、海外ドラマって普通に50話以上あります。
しかも字幕なので、日本のドラマを見るのと違って観てるとすぐ疲れます。
面白ければいいのですが、ただ勿体無いから観てただけなのですぐ飽きて眠くなってしまうことが多かったんです。
早い話、学生時代つまらない授業を受けてる時ってものすごく眠くなったと思うんですが、それと同じことが起こったわけです。
これに気づいてから寝る時にはhuluで海外ドラマを再生するようにし、すぐ寝付けるようになりました。

 

二つ目は睡眠の質向上です。
私は睡眠中イビキが大きく、いわゆる無呼吸症候群だったんです。
これのせいで眠りが妨げられ、深い眠りに入れなくなってました。
寝付けの悪さから睡眠時間自体も少なかったんですが、寝ても無呼吸症候群のせいで眠っても疲れがまったく取れてませんでした。

 

改善方法は実は簡単で、横向きに寝るだけでした。
私の場合横向きを徹底させる為に抱き枕を用意し、これを両足で挟んで横向いて眠るようにしたんです。
寝相って仰向けにして眠る方が良いと思われてますが、私のような無呼吸症候群の人には当てはまらないんです。
枕を高くして寝るせいか、仰向けにすると気道を圧迫しやすかったんだと思います。
横向きになって眠るようになってからは高い枕でも気道を圧迫しにくく、イビキも格段に減りました。

 

これは妻からも最近イビキが小さくなったと言われたのでかなり効果があったんだと思います。
横向きに眠るようになってから睡眠時間は以前と同じでも朝スッキリしてることが多くなり、睡眠の質が上がったなと自分でも感じるようになりました。

 

上記二つの対策ですが、私はhuluを利用してるので毎月1000円かかってますが、興味のないテレビ番組ならなんでもいいので録画しておけばお金はかかりません。
横向きで眠るのも私は抱き枕を購入しましたが、普通に横向きに寝れば0円です。
どちらの方法もほとんどお金のかからない睡眠改善効果のある方法なので、もし悩んでる方は一度試してみてください。

 

TOPページへ


このページの先頭へ戻る